冷えとりでぬくもり暮らし

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冷えとりでぬくもり暮らし

冷えとりでカラダの中から健康をめざす

体温が上がると免疫力が上がる!冷えとりで基礎代謝もアップ⁉

スポンサーリンク

 

こんにちは!なぺこです。

 

 

今回は体温についてのお話!

元々体温が35.6~8℃くらいと低めだった私ですが、少しずつ平熱が上がって来たような気がします。

体を動かす仕事に就いてから筋肉が増えたのと、冷えとりを始めたことも関係があると思っています。

 

 

 

 

自分の平熱、知っていますか?

 

現在の私の平熱はだいたい36.2℃です!! 

 

風邪をひいて熱が出たときは自分の体温を計る人が多いと思います。

でも普段の自分の平熱を知ってますか?

 

1日の間で体温は変動します。

朝起きたばっかりの時は低くて、日中活動している時が1番高くなる…と思いきや、1番高くなるのは夕方なんでそうですよ。へえー。

1日のうち時間を分けて何回か計り平均を出すと正確さが増します。そんな感じで私の平熱は36.2℃くらいかなと…

気候や季節なんかでも多少変化がありますので、冬で雨だともう少し低かったりします。

だいたいでいいので自分の平熱は把握しておくといいですね。

 

平熱が36.5℃の人が37℃代になっても、...アンタそれって熱あるっていう?って感じですけど、

平熱35℃代の人が37℃出したら確実に発熱してますよね。

 

小中学生のころとか一律37.5℃熱があったら早退できるとかだったんですけど、個人の平熱考慮してほしかったですわー。

あの頃も平熱低かったからしんどくてもそんな熱出ませんでしたわー。

 

 

低体温は血の巡りが悪くなる

体温が1度下がると免疫力が下がってしまう⁉

 

今まで書いてきた冷えとり記事で、冷えを取って体の巡りをよくしよう!ってなことを主張してきました。

体が冷えているということは免疫力にも影響があるんです。

 

血液に乗って全身を回っている免疫機能を持った白血球さん。

病原菌が体に入ってきたときは、白血球さんがソイツをパッと見つけて、素早くたくさんの白血球で囲んでボコボコにしてくれることで病気を発症せずに済みます(こわい)

しかし冷えは血流を悪くしてしまうので、血液内にいらっしゃる白血球さんがなかなか集まれなくなってしまいます。

さらに体温が低いと白血球ひとつひとつも力が出なくて弱くなってしまうんだそうです。

 

しかし体温が1度上がると、以前の免疫力の5~6倍もアップすると本で読みました!

え、プラス1℃で5~6倍?おかしくない?(笑)

って思ったんですけどね、おかしくないんですってよ。

血流の改善と白血球の能力や精度が向上することでそれくらいの効果になる!

つまりムキムキの白血球さんがたくさん押し寄せてくれるわけですね♡

こわい♡

 

なぜ体温が低くなってしまうのか

 

昔に比べて平均低温は下がっていってるようです。

その理由は現代の生活習慣や、運動量の低下などがあげられます。

体を使った仕事よりデスクワークの人が増えたってことですね。

職場の環境にも体を冷やす原因がありませんか?

冷房が効きすぎているだとか、人間関係がよろしくなくてストレスを感じているだとか。

 

食べ物も現代は体を冷やすものが増えました。

冷たいデザート、冷たいドリンク、人工的に精製された食品(白米、白砂糖、化学調味料など)

野菜も季節を問わず食べられるようになったので、夏場なら暑さを取り除いてくれる食べ物でも冬場に摂り過ぎると体を冷やしてしまいます。

 

あとは医薬品に頼り過ぎているだとか。

体が熱を出している時はご存知の通り免疫力を高めて病原菌と戦うためです。

解熱鎮痛剤って名前からして体温を下げてしまう薬ですからね…

あまりにも高熱でつらい、って時以外はあまり薬でいじらない方が自然でしょう。ほんとはね。

体からしたら薬も異物ですから、それが入ってくるのは副作用とは関係なくストレスがかかってしまうんですって。

どうしても仕事休めないから薬に頼るしかない、みたいな現代の状況も大きな要因ですね(;´・ω・)

 

f:id:napeco:20161216130742j:plain

 

体温アップのために基礎代謝を上げよう!

運動はカロリー消費のためじゃない

 

ダイエットのために運動してる方もいらっしゃるかと思います。

 

30分早足ウォーキングして消費したカロリー約100㎉

お茶碗1杯のゴハン約250㎉

Σ(゚Д゚)エー

 

ってこうカロリーで数値にすると運動する気がなくなりそうですけど(笑)

運動はその場しのぎのカロリー消費が目的ではないと私は言いたい!

 

運動して筋肉をつけることは基礎代謝を上げること!

基礎代謝が上がると自分でたくさんの熱を生み出せるようになります。それが体温を恒常的に上げることにつながります。

 

1日に必要なエネルギーの約60~70%は基礎代謝によって消費されるんですってよ!

基礎体謝の向上で、何もしてないときに勝手にたくさんエネルギーが消費されるようになるんです!

運動がダイエットに効果的なのはそういうことなんですね。ダイエットにもなって体温も上がって免疫力もアップでいいことづくめー

 

大きな筋肉がある下半身を鍛えるウォーキングやスクワットなどがオススメ。

そういうのも面倒なら、普段の姿勢をよくするだけでも効果があるそうですよ。

背筋を伸ばす、胸を張る、おしりを締める、といった感じ。これも割と大変ですけどね、ただラクして得られるものはありませんなー

 

冷えとりを取り入れることで相乗効果

 

冷えとりは巡りをよくする健康法。ということで血流改善の効果があります。

冷えとりは体の筋肉を増やしてくれたりはしません。

しかし外側からサポートをしてくれます。

例えばくつ下の重ね履きでは生み出した熱が逃げるのを抑えてくれますし、

半身浴はもちろん入っている間体温を上げてくれますし、芯まで温まるので出てからも長く効果が続きます。

 

そして冷えとりで血流がよくなると内臓も元気になってよく活動します

筋肉以外にも熱を生み出しているところ、それは内臓です!→内臓の働きも私達が意識して行っている運動ではないです。その働きを活発にすることも基礎代謝を上げるということ。

基礎代謝といえば筋肉!だけではないんですよ~

 

内臓の活動で温められた血液がまた全身を流れて体全体も温めます。

内臓を元気にすることはそのまま健康にもつながるし、体温を上げて免疫をあげることにもつながるんですなー

 

まだ自力で熱を生み出す力が弱い人は冷えとりのサポート受けてみてはいかがでしょう?

 

 

まとめ

 

体温を上げると免疫力がアップ!

平熱が36.5℃以上が健康体を維持するのに最適。(ちなみにガン細胞が増殖しやすい環境は35℃くらいらしいです)

 

現代人の生活習慣や運動不足により平熱が下がってきている傾向にあります。

高い体温を維持するために基礎代謝を上げましょう!!

・運動で筋肉をつけて熱を生み出す

・冷えとりで内臓を元気にして血液を温め、全身に送る

基礎代謝が上がるとダイエットにもなっていいことづくめですよ~(笑) 

 

とにかくまずは自分の平熱を知っておきましょう!

今の平熱が昔計った時と同じとは限りませんよ。知らぬ間に下がっているかも。

最近やけに風邪ひくなぁ…なんて思っているあなた、一度自分の体温を意識してみてはいかが?