冷えとりでぬくもり暮らし

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冷えとりでぬくもり暮らし

冷えとりでカラダの中から健康をめざす

もしもがんになったらあなたはどんな治療を希望しますか?

スポンサーリンク

 

こんばんは!なぺこです。

今日こそ2回投稿だ!

 

話題はちょっと重たいです。

 

 

 

母が乳がんを経験しています

 

もう10数年前の話です。

5年以内に再発しなければほぼ完治らしいので、今は母も家族もあまり気にしていません。もちろん定期的に検査はしていますが。

 

子供だった当時の私は何を思っていたか

 

当時私は小学生でした。

細かいことまでは覚えていません。実感があまり湧いていなかったんだと思います。

 

断片的に母の泣き顔だとか、情緒不安定な感じとか、映像がよみがえります。

母が手術で入院するときには祖母が家に手伝いに来てくれたこと。

でもやっぱりお母さんのご飯がいいなあと思ったこと。

姉弟で千羽鶴を折ったこと。

 

がんはとても怖い病気で、もしかしたら母がいなくなるかもしれない。

という可能性は聞いていたけど、全然入ってこなかった気がします。

だから私は泣かなかったし、今思えば一緒に泣いてあげたかったなあと思うんですけど。

母が泣いているのを見ると胸が痛くて、だけどどうしたらいいのかわからなくて。

早くこんな日々が終わればいいのに…なんて私は思っていたけれど、母は手術も治療も怖くて怖くて仕方がなかっただろうな。

 

母は抗がん剤治療はしませんでした

 

自分で触診してしこりに気づいた母は早期発見できました。

母の希望は、抗がん剤治療や放射線治療はせずにがんの摘出手術だけをすること。

乳房全摘はせずにできるだけ胸を残すこと。でした。

 

医者や親戚からは抗がん剤治療もした方がいいとすすめられていました。

早期とはいえ乳がんはリンパに近いところだし、やれることはやった方がいい。

乳房も全摘した方が安心だ。

そういう方針の病院が多くて、母は理解してくれる病院を色々探していたと思います。

 

特に胸に関しては母がずいぶん苦悩していた記憶があります。

命に比べれば胸がなくなるくらいなんだ、というようなことを医者に言われて泣いていたこともありました。

心配という意味では父も親戚も、そして私もそう思っていました。

だってぜったい死んでほしくなかったから。

 

でもさ、大人になって多少なりとも胸が膨らんでさ、今ならあの時の母の気持ちが少しはわかります。

自分が女であることの象徴でもあるんですよ。

 

毎晩お風呂に入るときに目の当たりにすると想像したら

好きな人に見せられないと思ったら

服を選ぶ時も、温泉や旅行も行く時も

子供がいた人ならおっぱいをあげた記憶とか…

 

病気になったのは母で、1番死にたくないと思っていたのも母です。

それでも悩む。それでも失いたくない。胸をなくすのは女にとってすごく怖いことなんです。

 

f:id:napeco:20161219184844j:plain

 

もしも自分ががんになったら…

他人事じゃない!がんは身近な病気です

 

今や日本では生涯でがんになる確率は2分の1というくらい、確率的には高い病気らしいです、がんって。

といっても、がんが高齢になるほどなりやすい病気で、長寿の人が増えているために確率が上がっているからともいえます。そしてがんでの死亡率自体は下がっているようですね。

 

それでもやはり将来的にはなる可能性は高い病だと思っておいた方がよさそうです。

友人の親御さんや遠い親戚の叔父叔母など、残念ながら身の回りでもよく聞く病気になってきました。

乳がんに関しては、実家の周りでも数人の方が経験されています。

 

芸能界でも最近では、小林麻央さんや北斗晶さんが乳がんを公表されました。

おふたりとも高齢ではありません。それなのに乳がんになってしまった。

決して他人事ではない話です。

 

今は思う、私も抗がん剤治療はしたくない!

 

もしも自分ががんになったら…私も抗がん剤治療や放射線治療はしたくないと思っています。(手術はありで)

今はそう思っていても実際死を目の当りにしたら怖くなって、なんでもいいから縋りたくなるかもしれないけれど。

 

怖いのは副作用が本当に辛そうだということ。

生きるために選んだ治療で、生きることがしんどくなってしまいそうなこと

副作用にも個人差があると思います。

でも私は自分の体力に自信はないですし、心も弱いから無理して明るくふるまえる自信もないです。

自分らしく生きられないで、生きてるって言えるのかな。

苦痛から大好きな人に八つ当たりして、自己嫌悪して、自分が嫌いになってしまうような生活は嫌だな。

今の時点ではそう思っています。

あの時の母は何を考えて、抗がん剤治療をしないという決断をしたんだろうな。

 

冷えとりを知ってから、できるだけ自分の力で病気と向き合いたいと思ったこともあります。

冷えとりで奇跡的に大病が治った!なんてことを鵜吞みにするわけではないです。

すべての人が治るわけではない。治らなくても、残された時間を自分らしく生きたいな。

 

決して抗がん剤治療や放射線治療が悪いと言っているわけではありませんよー

医療も進歩してどんどん効果的な治療法が見つかっていっているのだろうなあと思います。

副作用も昔より小さいものになってきているのではないでしょうか。

どんな治療法を選ぶとしても、自分の気持ちや家族ともよく話し合って決めるべきですね。

 

 

まとめ

 

乳がんを経験した母を見ていて、がんは他人事ではなく可能性として将来覚悟しておくべき病気だと思いました。

自分がかかってしまう以外にも身近な人ががんになってしまう可能性も。

自分の望む治療は抗がん剤や放射線治療はしない方向でいきたい…けれど自分より、大切な人をなくす方が怖いです。だからその人には辛い治療でも家族は望んでしまう可能性はあります。

本人の意思をできれば尊重して、協力しながら治療が進む形が理想的だなぁ。

 

なんか書いてて色々思い出して切なくなったので今回はこの辺で!

ではまた~