冷えとりでぬくもり暮らし

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冷えとりでぬくもり暮らし

冷えとりでカラダの中から健康をめざす

年賀状書きましたか?大事にしたい縁はLINEで済ませないでほしいな

スポンサーリンク

 

こんにちは!なぺこです。

 

年賀状は12/25までに投函すると間違いなく元旦に届く、と聞きますね。

ですが私はまだ年賀状の完成すらしていない!

投函はもう少し先になりそうです。

30日とかに出しても近場なら1日か2日には届いてる気がする。そして3日まではセーフだと思ってる(笑)

 

あなたは年賀状書きましたか?

 

 f:id:napeco:20161227133203j:image

 

 

手描き年賀状を送り合うのがオタクのならわし

 

私は小さいころから絵が好きで漫画家になりたいという夢がありました!

高校は美術科に通ったし、卒業後は漫画学科のある専門学校に通いました。

 

絵を描くオタクあるある。好きなキャラを友達に描いてもらうのはめちゃうれしい!!WWW

そして人に自分の絵を喜んでもらえるのもまためちゃくちゃうれしい!

日常でもよくイラスト交換をしたりするんですが、年賀状も我々にはチャンスタイムだったんですね~

中高のころなんかは一人ひとり違った絵を全部描いて色も塗って、今思うとどこからあんな時間とヤル気と根気が湧き出ていたんだろうと思います(笑)

 

さすがに一人ひとり手描きはその後続かなかったけれど、卒業後も当時の友達からの年賀状は毎年自分が描いたイラストを印刷したもので、お互い上達したなぁーなんて思いながらファイリングするのが新年の楽しみのひとつでした。

 

私は漫画家をあきらめて絵も全然描いていません。→もしよろしければプロフィールをどぞ。

でも今も絵の方面で頑張っている友達もいます。趣味で楽しく絵を描き続けている子もいます。

その子たちから送られてくる手描きの年賀状はやっぱりうれしい。

絵を描くのはとても手間がかかることです。好きな事で楽しいとしても、大人になって色々忙しい今もそのために時間と労力を割いてくれた作品。

そして自分にだけのメッセージ。うれしくないはずがない!

 

これからも毎年続いてくれたら幸せなことだなぁと思います。

だから私も、絵ではなくても、何か少しでもクリエイティブな年賀状をおくりたいと去年からは消しゴムスタンプを作ったりしています(笑)

 

f:id:napeco:20160101075346j:plain

去年の年賀状(笑)

 

あけおめメール、そしてLINEへ

 

それでも年賀状の枚数は年々減ってきています。

疎遠になって毎年同じメッセージしか浮かばなくなってきた人は次の年から送らなくなったりして、今では10枚書けばいいくらいに減りました。

 

また周りの同世代や年下の子に聞くと、最近はメールやLINEであけおめ~!と言い合うだけの人が多いようですね!グループLINEで書き込めばいっぺんに済む。

確かにその方が早いし楽だしイマドキなのかもしれないけれど、なんだか味気なく感じてしまう私です。

 

SNSなどで懐かしい友達の近況もわかるようになっている時代。

遠くにいても普段からつながれるから、昔みたいに年賀状で久しぶりの再会を果たしたような気持ちにはもうあまりならないですね。

 

私ももちろんLINE使っています。Facebookはなんか気持ち悪くてやめた(笑)

それでも、私は頻繁に連絡を取っている友達にも改めて年賀状を送りたいと思います。

なんでだろう?

わざわざ年賀はがき買って、スタンプ掘って宛て名書いてメッセージ考えて…

メッセージも別にたいして言いたいこともないし、それにLINEならすぐ伝わるしタダだのに、なんでムダとも思える行為を何でしたいと思うんでしょう?

 

その人のことだけを考える時間

 

絵を描くことと同じように、言ってしまえば手間のかかる行為なんですよね。

効率化、ムダを省くことを重視する今現在に、あえて手間をかける行為。

 

 

年賀状を受け取った時に嬉しく思うのは、これを書いくれたときこの子は私のことを思ってくれたんだという特別感かもしれないと思いました。

宛て名を書いてくれている時、私だけに向けたメッセージを書いてくれている時、ほんの数分でも私だけのことを想ってあなたが過ごしてくれたという特別感。

それを無意識にも感じているんだろうな、なんて。

 

書く時は書く時で、私は送る相手のことを思い出しているうちに一緒に過ごした当時のこともよく思い出します。

楽しい思い出も苦い思い出も、普段はさっぱり忘れていることなのに不思議と思い出せたりします。

そして、そんな風に色々あったのに今もまだこうして交流が続いていることを嬉しく思ったりする。

 

そんなムダの中に感じる人間らしさが私は好きなんだな。

やっぱり年賀状まで送り合っている友達は、会える頻度は全然少なくても、本当に信頼できる友達だなって思います。

 

まとめ

 

若い世代には廃れつつある文化なのかもしれない年賀状。

今の時代では確かにムダにも思えることかもしれません。

でも1年の始まりに自分が誰かに想ってもらえたことを実感できるのはとても嬉しいことだと思いませんか?

 

別に絵を描かなくてもいいですし、メッセージだってひと言ふた言でいいんです。

ただ宛て名は自分で手書きするのがいいと私は思います。私はその方が嬉しい(笑)枚数が少ないならなおさら(^^)

 

まだ間に合うと思うので、ずいぶん出していないあなたも1枚年賀状を書いてみてはいかがでしょう?

お返事が来たら絶対あなたも嬉しくなれますよー♡