冷えとりでぬくもり暮らし

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冷えとりでぬくもり暮らし

冷えとりでカラダの中から健康をめざす

女性が生理周期でパフォーマンスに差があるのは当たり前!あらかじめそのつもりで(^^)

スポンサーリンク

 

こんにちは!なぺこです。

 

近頃なんだかちょっと調子が優れない…

別に体調不良ではないと思うんだけどなんでだろう…

やりたかったはずのことも手につかない、やらなきゃいけないこともやりたくない…

 

 

(゚Д゚)ハッ…

生理前だからだわ。

 

 

ということで、今回は少し生々しいお話(笑)

個人差はありますが女性につきもの、生理前の体の不調についてです。

 

 

そもそもの女性のカラダの仕組み

 

女性の体では、2種類のホルモン「卵胞刺激ホルモン」「黄体形成ホルモン」の変化によって生理がおこります。

生理周期は約28周期と言われています。だいたい1か月といった感じ。

女子の体は妊娠に向けて毎月準備をし、妊娠が成立しなかった場合は受精卵のベッドとなる血液の膜が子宮から剥がれ落ちて生理になります。

 

卵胞刺激ホルモン優位の時期

 

生理が始まったはじめの日を1日として、5~7日ほどで月経期が過ぎ、

卵子のもとになる原子卵胞を育てる卵胞期になります。

この時期にたくさん出されている卵胞刺激ホルモン。卵を育てるホルモンは女性の体自身もきれいにしてくれます。

肌荒れもなくなり、髪がつややかになったり、ダイエットの効果が得られやすい時期。心のバランスも整いやすく、女性にとってこの時期が1番精力的に活動できる時期とされています。

基礎体温ではこのときは低温期になります。

 

黄体形成ホルモン優位の時期

 

その後、14日目あたりで育った卵子を排卵黄体期になります。

黄体形成ホルモンがたくさん出されて子宮内膜に血液のベッドを作る準備が始まります。

そのためお腹が張ったり、便秘や体がむくんだりするようになります。

分泌が増える時期なので、にきびができたりおりものがついたり、なかなか不快な時期のはじまり。

妊娠に備えて、胸が張って痛くなったりもします。(サイズもアップする…)

栄養を蓄えようと食欲が増しますが、体重は減りにくい時期なのでもろに体重にあらわれてげんなりします。

 

黄体形成ホルモンの影響と、影響するホルモンの急な変動もあって、情緒不安定気味になります。

イライラしたり落ち込んだりやる気が出なかったり…

この時期の女性はちょっとメンヘラ入ったりしますが、…ごめんなさいね、仕方のないことなんだよ!(笑)

基礎体温は排卵後からは高温期に。

妊娠すればその後も体温は高いままですが、成立しなければ排卵後約2週間ほどで生理が始まりまた体温も下がります。

 

生理前症候群(PSM)とは?

f:id:napeco:20170112164559j:plain

 

生理にの体や心の不調をきたすことを生理前症候群と呼びます。

上でも書いたように、

お腹が張る、痛む

胸が張る、痛む

むくみ、肩こり、腰痛、便秘、頭痛、だるさ、

食欲増進、眠気、不眠、イライラ、不安、などなどなど…

人によってさまざまな症状が出ることがあります。

そして程度にも違いがあって、そんなに感じない人もいれば、寝込むほどにきつい人もいます。

 

生理前症候群がひどくなってしまうひと

 

不規則な生活をしている人は、生理前の症状が重い可能性があります。

ホルモンバランスの変化が影響している生理前症候群。それに加えて不規則な生活で普段から自律神経が乱れていると、バランスの乱れが余計に大きくなって症状悪化の危険があります。

また、生理不順や無排卵、不妊につながる可能性もあります。

 

ストレスを溜め込みがちな人、マジメで細かいことにくよくよしてしまう人も症状が重くなる傾向にあります。

生理前はただでさえイライラしがちになるもの。調子がいい時のようにふるまえないことにも悔しさや情けなさを感じてしまうような人は、頑張り屋さんなんですが自分をさらに追い込んでしまっているかも。

 

生理前のツラい時期に心がけてほしいこと

 

そーいうモンだと思ってあきらめる

 

はい(笑)あきらめちゃいましょう!

その時期はいつにもまして、無理しない・頑張らない精神で!

 

毎日その日の予定を立てるのもいいですが、女性のあなたはあらかじめ自分の生理周期に合わせて大まかな月のプランも組んでおくといいと思います。

できるなら調子がいい卵胞期に、たくさん、そして重要なお仕事をこなしてしまいましょう。

生理周期の中でたった1週間くらいしかない短い絶頂期ですが(笑)短い分能力が十二分に発揮できる時期なのできっといい成果を出せるはず!

 

そしてしんどい黄体期月経期はにはゆったり余裕のある予定にしておきましょう。

 

カラダの巡りをよくすることを意識してみて

 

毎日忙しく仕事をこなさなきゃいけない人もいますよね。

それでもやっぱり無理はしてほしくないですが、体の巡りをよくすることで緩和することができるかもしれません。

 

黄体期は体が溜め込もう溜め込もうとしている時期。

体の流れが悪くなっていてむくんだり、痛みが出たり、高温期なのにパーツ自体は冷えたりしています。

張っているお腹を温めると痛みが和らいだことはないですか?

温めると血管が開いてよく血が流れるようになり、冷えて固くなってしまった筋肉を柔らかくしてくれます(子宮などの内臓も平滑筋ですね)

水分が排出されてむくみの解消にもなります。

 

そんな巡りの改善に冷えとりは万能だと思うのですよ~

半身浴などはリラックス効果も期待できますしね!イライラしがちな時期のストレス解消にもオススメです(^^)

 

そもそも生理が不順で悩んでいた私ですが、普段から続けることでだんだんと復活し、症状も緩和しているように思います。

 

www.hot-napeco.com

 

どうしようもなくツラい方は病院で相談してみることをオススメしますが、

そこまでじゃないけど毎月憂鬱…

自分で何とかしたい…と思われてる方に冷えとり、または冷えとりでなくとも、体の巡りをよくすることを意識していただきたいなと。

 

冷たいものを控える、易しい運動をする、お風呂に浸かって温まる、甘いものは食べ過ぎない、余裕も持って行動し焦りをなくす、などなどそんなことでもいいんです。

欲求を甘やかすのではなくて、自分にやさしいと思えることをした上げてくださいね。

 

スポンサーリンク