冷えとりでぬくもり暮らし

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冷えとりでぬくもり暮らし

冷えとりでカラダの中から健康をめざす

期待されてるのか評価されてるのか、それとも利用されてるのか

スポンサーリンク

 

おはようございまる!なぺこです。

 

今の私はパートタイマーとして働いています。

1日に5~6時間の週5日。

バリバリ働ける時期の同世代の方々と比べると労働時間はだいぶ少ないと思います。

残業もほぼあり得ませんからね、契約的に。

 

先日、上司の方から「フルタイム契約に変えてみませんか?」というお話をいただきました。

フルタイムで働くというのは1日8時間の週5日勤務。

そして基本の時給も上がります。

誰でも希望すればなれるものではなく、長く勤務を続けていて、時間にも余裕があり、仕事もそれなりにできるパートでなくてはフルタイムで働くことはできません。

一種の昇給ともいえます。

 

フルタイマーになれば今よりずっと収入は多くなるでしょう。

やりがいも大きいかもしれません。

 

 

しかし私は断りました。

 

 

半年前までの私はフルタイムでの勤務を希望していました。

ではどうして今では断ろうと思ったのか。

昔のことも思い出しながらいろいろ考えたんです…

 

 

だれかに認められたと実感するよろこび

 

この話をいただいたとき、正直嬉しかったです!

だって実質昇給ですもん、あなたも昇給したら嬉しくないですか?(^^)

給料うんぬんより「キミはこの役につくだけの力量がある!!」と他の誰かに認められたということだから。

 

悲しいかな、自分で自分に自信をもって生きていけるほど強い人はそんなにいません。

はじめは親兄弟や親戚、そして社会に混じって友人や先生、会社では先輩や上司や周りの他人に評価してもらえて自分に自信がつくというか、自分の形が見えてくる。鏡がなければ自分の姿も見られないですもんね。

少数でも味方がいるから、敵が現れても自分をもって戦うことができる。

誰ひとり自分を認めてくれなかったら、自分の存在価値をどう証明すればいいのか…

 

と、話が大きくなりましたが(笑)

とにかく人は誰かに認めてもらえることが必要で、とても嬉しいことなんです。

承認欲求ってやつですね。

 

他人の評価は本当に自分の価値を表しているのか

会社に都合のいい人間が会社から評価される

 

f:id:napeco:20170119065809j:plain

心に引っかかったのは、今のこのタイミング。

人手が足りない。

けっこうカツカツです、私の職場(;'∀')

社員、パート、アルバイト共に時期的に異動や辞めていく人が多くいて、入ってくる人は少ない。

まだ新人教育も追いついておらず、人数が何とか足りてもできる人とできない人の差が激しいのが現状です。

 

人員不足だからフルタイム要員が欲しいんじゃないか。(゚∀゚)ピコーン💡

 

…いやまあそれも当然で、別に恨めしいとかじゃありません(笑)

認めてもらえてるのも嘘だと思ってるわけではありません。

 

ただそれでも、会社に都合のいい人間だから評価される。

そしてそれは利潤を追求するのが会社なのだから間違っていないのです。

 

会社が利潤目的だとしても、身近で一緒に働く仲間が困っているのは本当で、

私が働くことで仲間が助かり私への好感も上がるかもしれません。

誰かに好かれることも認められるということ。それもこの上ないよろこびになると知っている。

だから私はまだ返事に戸惑いました。

 

自分が尽くしたと思っていても、他人の評価を期待してはいけない

 

そこで思い出したのは、以前の職場でした。

私が漫画家のアシスタントをしていた頃のことです。ある先生のもとで2年ほど働きました。

少人数の職場だったので、仕事関係とはいえそれなりに仲もよかったと思います。

長くレギュラーとして働けていることは、多少は認めてもらえている部分があるんだろうと思いました。

 

しかーし、突然の解雇。

 

雇用状況について意見したのがいけなかったのでした…(仕事中にずっと喋ってる家族の方を作業場ではもう少し静かにさせてほしいと言った)

そこで私の評価が都合のいい人間から都合の悪い人間になったのです。

 

会社だけではない、個人でもそうなのだ...

個人の関係や好感度も、どちらかの都合に合わせすぎて下手に出ているとそれを覆した途端捨てられるのですw

 

会社ではない分タチが悪いのは先生の一言で即解雇できて、退職手当も出ないし保障もなにもないということ。

 

アシスタントだけで生計立ててる人間に急に解雇申し付けれるとは、こいつ人の皮を被った悪魔か

と正直はらわた煮えくり返りましたけど(^^)

そんな人間に認められたくて働いてきた自分にもあきれ返りました。

 

尽くしてきたと思ってるのは自分だけかもしれないのです。

その分評価される、その分なにかが返ってくると期待しすぎてはいけない。

いい社会勉強になりました。

 

返ってくるとしたらその仕事で身に着けたスキルだとか、自分で手に入れようとしたものだけです。与えられるのを期待していては損をする!

 

評価が貰える貰えないではなく、自分の信念で行動する人が評価の枠を越えていく

 

以前の経験で学んだことは、他人からの評価なんて曖昧で理不尽でご都合主義。

言い方は悪いけれど、コイツと仲良くなっておくことは自分にとって得か損か、と値踏みされているとも感じます。

 

はじめから評価などされないとわかっていたら、あなたの行動は変わるのでしょうか?

あなたは評価を目的に努力をしてきたのでしょうか?

確かにモチベーションにはなりますけどね(^ω^;)

 

誰かに必要とされること、誰かの評価を得ることは、手っ取り早くわかりやすく自分の存在価値を見出すことができる方法です。

だからそれらを欲しがる気持ちもあります。

 

そうやって見つけた居場所は限定借宿。

宿主の都合に合わなくなったらポイされる危険があります。

この先もずっとその中で生きていくと決めたなら、宿主の希望に沿って常に自分を変化させ、いつでも都合のいい役割を担っていないといけません。

 

でもそれができないなら、誰かの都合に合わせている場合ではありません。

借宿を出るのなら自分の居場所は自分で見つけないといけないからね!

 

他人の評価うんぬんより自分の信念で、

あなたが正しいと思ったことをする。

あなたがやりたいと思ったことをする。

 

正解がわからなくても、自分を信じて試して、そこからはじめて何か報われた時。

きっと決まっていた評価の何倍も何倍も嬉しいでしょうね。

 

もちろん社会と折り合いをつけながらも大切ですが、その中でも自分の信念を込めて働くことはできます。

身近にそういう人いませんか?

そういう人ってすごく魅力的に見えるから絶対に気づくはず!単に言われたことだけをこなすマニュアル人間より、ずっとカッコよく見えるはずです。

 

1度評価されたものの決まりを守っている時はそれ以上に行くことはありません。

その枠を越えていくためには、怖いけど、自分で新しい可能性を探しに出かけなくてはならないんです。

 

そしてそんな冒険者が、損得や都合に関係なく「すごい!」と純粋に認めてもらえる可能性を持った人なんです。

 

今、自分の可能性を探すために時間を使いたいから

 

ということで、私はフルタイムで働くことを断りました。

できる範囲で協力はもちろんしますけれど、時給以外の私の価値と可能性を探したいと思ったんです

 

私が今大事にしたいのは、ブログを書く時間。

ブログ書きながら、知識やスキルを学ぶ時間。

モフくん(彼氏)と過ごす時間。

 

自分で自炊すること。

忙しさで体を壊したりイライラしたりしなくてすむ余裕。

自由。

自由でいるために自分だけでも通用する何かを手に入れること。

 

それが具体的に何で、どうすればいいのかはまだ正解がわかりません。

とにかく今はブログと、資格者としての知識をもっとつけることを頑張りたいです。

 

いつでも自力でどこへでも飛んでいける、そんな人間になりたいです。

 

f:id:napeco:20170118123938j:plain

 

まとめ

 

他人に評価されることは自分の存在を認められたようでとてもうれしいこと。

そこにやりがいを感じて頑張ることも正しいです。

だけど、そこを目標にすべきではないと考えます。

必要とされるその快感を得るために、いつの間にか誰かの都合のいい人になってしまっていませんか?

 

誰かにとって都合がいいことをして好かれるのは簡単です。

でもその人にとって都合が悪くなった時に、あなたを本当に認めてくれるものはなんでしょう?

 

自分で知恵と技術を持ち、自力で渡っていける自立した人。そんな人に周りは損得以外の憧れや尊敬から自然と力を貸そうとしてくれるのではないでしょうか。

誰かのためにという言い訳を捨てて、今一度自分の可能性を探す勇気を奮い立たせてみましょうぜ(^^)/

 

スポンサーリンク
 

 

 

こんなに長くなってしまうとは…

たかがパートで大きな話になりました(;'∀')

でも小さい冒険だって私には勇気がいる決断だったんです(笑)

 

 お付き合いいただきありがとうございました!!