冷えとりでぬくもり暮らし

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冷えとりでぬくもり暮らし

冷えとりでカラダの中から健康をめざす

女性ならではの不調に効果がある漢方薬3選

スポンサーリンク

 

こんにちは!なぺこです。

 

登録販売者(見習い)として店舗に立つようになって1か月ほどたちますが、正直パートの仕事に追われているので薬の接客は社員さんがほぼやっています(^^;)

 

でもね!日々ね!勉強しないとね!!

ってことで、鬼門の漢方薬についてちょこちょこまとめていこうかなと。

冷えとりも東洋医学的な考えなので、漢方薬にはすごく興味あります。

しかーしむずかしい漢方薬!!

登録販売者試験でも「漢方は捨て!!もうあとは運!」みたいなところがあります(笑)

 

種類も多いのでまずは自分が詳しくなりたい分野から…

女性に多い冷えや、生理不順などのホルモンバランスの乱れに効果のある漢方薬

のメインどころを調べていきたいなと思います(笑)

 

漢方薬の前に東洋医学のことからまとめて記事にしようと思ったんですけど、すんごく長くなりそうだったのと、読んでてうんざりされそうだったので小分けにしてでまた後日!(;'∀')自分も調べててうんざりしたのはナイショ…

 

 

虚弱で冷えている人に・当帰芍薬散!

 

こんなタイプの人にオススメ

・胃腸が弱い、水分が溜まっている感じ

・痩せていて色白、力がない

・貧血気味、生理不順

・体が冷えている、下腹部が重痛い

・むくみ、特に下半身が重だるい

 

これらでお悩みのあなたは、血が足りなくて、巡りも悪い状態です

血液に乗って十分な栄養が体に行き渡っていないので、元気がなく弱っています。余分な毒素も排出できずに溜まってしまうので、部位が痛んだりだるかったりします。

 

当帰芍薬散は、血を補ってくれる作用、血の巡りをよくしてくれる作用があります。

水分代謝も促してくれるので、むくみなどにも効果あり。

 

 

ホルモンバランス、自律神経の乱れに・桂枝茯苓丸!

 

こんなタイプの人にオススメ

・肩こり、頭痛

・足は冷たいのに頭は火照る

・顔色が赤っぽい、もしくは赤黒い

・便秘がち

・生理不順、生理痛が重い、経血がドロドロで黒っぽい

・イライラしたり落ち込んだり情緒不安定気味

 

これらでお悩みのあなたは、古くなった血がうまく排出されずに溜まっています。

うまく水分調節もされていないので、便秘や経血のドロドロ化に。巡りが悪く疲れや老廃物も取り除かれないので、肩こりや頭痛もあります。

 

桂枝茯苓丸は、血行不良とともに気の巡りも改善してくれます。

自律神経の乱れによる気持ちの波も落ち着かせてくれます。

水分代謝も促すので、血と一緒に水分もよく巡るようになるでしょう。

 

ストレスからくる不調に・加味逍遙散!

 

こんな人にオススメ

・ストレスが溜まっている、精神的に不安定

・疲れやすくやる気が出ない

・筋肉が少ない、肌に張りがなく弛緩気味

・生理不順、安定しない経血量

・基本的に冷えているが、たまにカーッと熱くなる

・めまい、肩こり、頭痛

 

これらでお悩みのあなたは、許容量を超えたストレスで体の機能が低下しています。

気持ちを安定せる「肝」という部位はストレスに弱いところ。そこがやられて心が乱され、体も頭もうまく働けなくなっています。

自律神経が乱れて血も気も巡りが悪くなっています。

 

加味逍遙散は、「肝」の機能を回復させて、ストレスで乱れた自律神経を整える働きがあります。

気を補充してくれるので、ストレスで意欲をなくした気持ちの充実も手助けしてくれるでしょう。気が巡るようになれば血の巡りも戻り、体調も回復していくはずです。

 

 

体質改善をうながす漢方薬は効果が出るのに時間がかかる

 

漢方薬の種類にもよりますが、上で書いたような体質を改善するようなものは効果に時間がかかることがあります。

個人差があって、すぐに実感する人もいれば何ヶ月もかかる人もいるようです。

また自分に合っていれば効果がありますが、合っていなければ副作用が出ることもあります。

 

ただ漢方薬を飲んでいると好転反応といって、よくなる前兆として一時的に不調が出ることもあります。

副作用とどう見分けるっていうんだよ(^^;)って感じかもしれませんが、はじめにしっかり選んだのならあまり心配し過ぎず、自分の直感を信じましょう!!(アバウト)

いやだと思ったらやめてください。きっとそれで正解です。

ムリして続けるくらいなら余計ストレスです。クヨクヨ悩む心の毒はもっと体をむしばみます。

冷えとりと同じです。

 

あわせて生活をの見直しを

 

f:id:napeco:20170206165958j:plain

 

漢方薬が効いたとしても、生活が変わらないままだったらいずれはまた同じ症状になってしまう可能性は高いです。

そのたびにまた漢方薬のお世話になるのも選択肢のひとつですが、少しずつ自分でできる環境の改善をオススメします。

きっとその方がラクになりますしね。もっとラクしていいんですよー(>_<)

私の場合はそれが冷えとりなわけですが、あなたはあなたなりの道があるはず。

そりゃあ一緒に冷えとりしてくれたらうれしいですけど(笑)自発的にはじめないときっと続かないので、興味を持った方だけお願いします♪

 

漢方薬の力を借りて、少し元気が出て余裕ができたら、そんなことを考える力も出るかもしれません(^^)

うまく活用して元気にいきましょう~

 

 

★関連記事

ドラッグストアで有利な資格!登録販売者について

自律神経ってなに?自律神経の乱れが引き起こす不調

好転反応、瞑眩(めんげん)について

冷えとりを始めてから実感したカラダにうれしい効果!