冷えとりでぬくもり暮らし

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冷えとりでぬくもり暮らし

冷えとりでカラダの中から健康をめざす

白髪の原因・予防を考える!抜け毛や薄毛にも効果あり⁉

スポンサーリンク

 

こんにちまる!なぺこです。

 

 

メイクをしているとき、鏡をのぞき込んでいると、異様にキラリと光る髪が…

そう白髪です!!

 

数年前から年に1~2本くらい白髪を見つけてしまうことがありました。

アラサーといえどまだ20代です(^^;)

今のところはまだそこまで白髪を気にしていません。

だけどだんだん白髪が増えて何本も見つかるようになると、老けて見えそうで嫌ですね(・_・;)

30歳超えてきたらもう若白髪(笑)で済ませられない予感…

 

白髪あるある?

白髪って、色で目立つだけじゃなくてピーンッて立ち上がってくる気がするんですけど私だけですか??(笑)

おとなしくしていれば生き残れたかもしれないのにな。

 

そもそも白髪の原因って一体何なんでしょうか?

  

 

髪の毛が黒く元気に生える仕組み

 

髪の毛は、毛根と呼ばれる根っこの部分で毛細血管から栄養を受け取り、毛乳頭の周り存在する毛母細胞が受け取った栄養を使って細胞分裂。それ繰り返すことで髪の毛が成長していきます。

 

毛母細胞によって作られた髪の毛はもともと白髪で、それに黒い色を付けるのが色素細胞が作ったメラニン色素。

色素細胞からメラニン色素を受け取って、毛母細胞は黒い髪を作っていきます。

 

毛根の図

 

毛母細胞と色素細胞の協力プレーによって、髪の毛は黒く元気に育っていくんです。

 

毛母細胞と色素細胞のタッグ

 

老化で白髪になる

 

髪の毛に限ったことではなく、人の体を構成している細胞は年を取っていくとともに老化して衰えてしまうのは仕方ありません。

細胞が衰えれば、若くて元気な時は当たり前にできていた働きにエラーを起こすことも増えてしまいます。(遺伝子異常)

 

おじいちゃん細胞

 

・加齢によって、メラニン色素を作る材料の酵素が少なくなる。もしくは働かなくなってしまう。=メラニン色素が作れず白髪に

・加齢によって、酸化力のある酸素(活性酸素)が増えすぎることで髪を作る細胞にダメージが与えられ、色素をつけられなくなる。=メラニン色素を作れなくなったり、メラニン色素を受け取れなくなり白髪に。

細胞にダメージが与えられると髪自体も弱ってしまうので、ハリやコシのない細い毛になってしまう原因でもあります。

・同じく活性酸素が増えすぎることで、髪を作っている細胞の跡を継ぐ新しい細胞の赤ちゃんが育たなくなる。=毛母細胞、色素細胞ともに後継者がいなくなってしまうので、白髪だけでなく薄毛の原因にも。

 

老化による白髪や薄毛はある程度仕方がないことですが、今の白髪が純粋な老化だけの原因とは限りません。

以下の問題点を改善することで進行を遅らせることはできるかも!

 

ストレスや生活習慣の乱れで白髪になる

 

髪を作る材料にも、髪を作る細胞のエネルギーにも、そのための栄養は欠かせません。

それらの欠乏は白髪の原因でもありますし、薄毛や抜け毛などの悩みにも関係します。

 

・偏った食事で必要な栄養が摂れてないと健康な髪を作れない。髪を作る細胞が十分働けない。=栄養不足で白髪や薄毛に

・ストレスによる血行不良で、毛根に血液が巡らず栄養が十分に届いていない。=栄養不足で白髪や薄毛に。

・自律神経の乱れでホルモンバランスが崩れると、髪を作る細胞の元となる赤ちゃん細胞の成長を促すホルモンも不足してしまう。=毛母細胞、色素細胞ともに後継者が育たず、白髪や薄毛の原因に。

 

ストレスは活性酸素を増やしてしまう原因にもなります。

精神的ストレスだけでなく、たとえば紫外線による日焼けを気にする人は多いと思いますが、紫外線は肌だけでなく髪にもストレスを与えています。

タバコをストレス解消法として吸っている人もいると思いますが、体には余計にストレスを与えることになり、血管を収縮させ血流を悪くしてしまいます。 

髪に悩みがあるようなら少し控えるようにした方がいいかもしれませんね(^^;)

 

スポンサーリンク
 

 

生活習慣から白髪を予防しよう

ビタミン・ミネラル・アミノ酸を摂ろう

 

ビタミン、ミネラルにはメラニン色素を作る働きを活性化したり、髪の成長を促進させたり、活性酸素を取り除く抗酸化作用があります。

 

・ビタミンA…レバー、にんじん、ウナギ、乳製品など

頭皮に潤いと、白髪の抑制に。

脂溶性ビタミンなので、油で調理するとより体内での吸収率がアップします。

ただし動物性のものから取り入れるときは過剰な摂取に注意しましょう。

 

・ビタミンE…ナッツ類、植物油、かぼちゃ、アボカド、魚介類など

血管を広げて血流をよくし、毛根に栄養を届けやすくしてくれます。

抗酸化作用もあり、ビタミンCと一緒に摂ると相乗効果が期待できるそう。

 

・ビタミンB12…貝類、魚類など

色素を作る働きを活性化し、髪に栄養を運ぶための血液を作り出す働きもあります。

水溶性なので過剰摂取の心配はありませんが、反対に長く体内にとどめておけないので、こまめに摂るようにしたいですね。

 

・葉酸(ビタミンM)…レバー、納豆、ほうれん草など

血液を作り出し髪に栄養を運んでくれます。貧血解消にも効果的。

またタンパク質の合成に関与して、新しい細胞を作るのに重要な働きがあります。薄毛にも効果がありそうですね。

同じく水溶性なので回数を分けてこまめに摂取。

 

・ビタミンC…緑黄色野菜、果物など

強い抗酸化作用。また亜鉛や鉄などのミネラルの吸収率を高めたり、紫外線のストレスから髪を守ったりします。

同じく水溶性なので回数を分けてこまめに摂取。

 

f:id:napeco:20170325120306j:plain

 

ミネラル

特に不足しがちなカルシウム、亜鉛、銅など

カルシウムはご存知乳製品やワカメや昆布などにも含まれています。

亜鉛はカキなどの貝類、牛肉などから。

銅は肉、魚、穀物、野菜などけっこういろいろな食品に入っています。ナッツ類やレバーにも豊富、レバー何回も出てきますね、優秀(笑)

 

栄養となる血液を増やすためにを摂ることもオススメです。レバーやほうれん草など。

 

・アミノ酸

髪の毛の主成分は良質なタンパク質、その中に含まれているアミノ酸!

色素を作る材料でもありますのできちんと摂りたいですね。

肉や魚、大豆製品に豊富に含まれています。

 

 

って、いろいろ食材をあげましたが、狙って摂ろうすると面倒くさくなってしまいます(私のこと)

 

いろいろな食品をできるだけ意識して摂る。

外食やファーストフードに頼りすぎないこと。

今までより自炊を心がければそれだけでも変わってくるのではないかと思いますよ。 

 

しっかりと睡眠をとってストレスを溜めない

 

ストレスも疲労も血流を悪くしてしまう原因です。

また寝不足が続けば自律神経の乱れにもつながります。

 

リラックスすることで副交感神経が活発になり血流がよくなります

休んでいる間に、組織の修復や回復、髪の成長も行われます。

美髪のためにはきちんとした休息が不可欠なんですね~

 

栄養を摂っていても、髪まで運ばれてこなければ意味がありません。

f:id:napeco:20170326135018j:plain

 

体を温めて血流をよくする

 

ここで冷えとりの出番きた~~!(笑)

冷えを取り血流をよくして全身に酸素と栄養を運び、毒素となる老廃物や疲労物質を取り去る!という冷えとりの考え方のも当てはまる通り、

血流がよくなることで髪にも十分な栄養が届いて、髪を作る細胞たちも元気になり、健康な黒髪の材料も供給されるのです。

 

自分の体が冷えているなんて自覚がない方も多いかもしれませんが、それは冷えに慣れてしまっただけではありませんか? |д゚)

www.hot-napeco.com

 

栄養と血の巡り、どちらも大事なんです。 

冷えとりでなくてもすぐできることとしては、シャンプーの時などに頭皮をマッサージしてあげるのもいいですね(^^)

 

 

これらのことを意識してあげることは髪の悩み全体に意味があることだと思います。

結局白髪だけでなく、薄毛や抜け毛対策、髪の傷みの改善にもつながるんではないでしょうか。

 

スポンサーリンク
 

 

体質や遺伝で白髪になる?

身の回りの若白髪さんたち

 

今までの原因とはちょっと話が変わってきますが、若白髪というものもありますよね。

 

私の父は現在50代半ばですが、毎月白髪染めをしないと真っ白になってしまうほどです。

が、思い返せばまだ私が小さいころ、父が30代のころから白髪が多かったような気がします。母に聞けば、交際期間中の20代からちらほら白髪がある人だったそう。

 

そして私の彼氏のモフくんも、出会った当時の彼がまだ学生のころから結構白髪がありました。(母子ともに若白髪の男性を選ぶとは)

肌とかはピチピチなのに(うらやましい…)どうして白髪が生えてしまうのでしょうか?

さすがに20代からの白髪は老化が原因とは言えないですよね。

 

父のお父さんも白髪体質

 

父の場合、父の父(私の祖父に当たる)も若いころから白髪があったといいます。

見た目の髪質もふたりはそっくりなんですよね(笑)

モフくんは本人曰く、おじいさんにそっくりなようで、そのおじいさんも若いころから白髪があったとか。

 

医学的には完全に証明されていないらしいのですが、特に若白髪の場合は統計的にも遺伝の関係はあると言われています。

 

ファーストフードやスナック菓子をよく食べる方は、若いうちから白髪になりやすいとも言います。それは生活習慣が原因ですね。

私の父の生活習慣も決していいとは言えません。

タバコもガンガン吸うし、お酒もガブガブ飲むし(^^;)なので年相応より早めに白髪になるのは十分ありえます。

 

ただモフくんは食生活に至ってはそこまで問題があるようには思えません。

もしかしたら過去に壮絶なストレスを受けたことがあるのかもしれませんが…(笑)

 

 遺伝だけが原因ではないにしろ、遺伝が関係する体質的な白髪の要因もありそうですね。

 

おわりに

 

できれば長く若く見られたいですよね!!

アラサーでも気分はいつまでも20代前半ななぺこです…(笑)

 

私より5つ年下なモフくんが若白髪ということで、今まであまり気にしてきませんでしたが、そろそろまじで凹まなくてはいけない年齢になってきたので!増える前に食い止めたいと思います!!

 

 

★関連記事

抜毛癖・抜毛症かもしれない?癖は自分からのメッセージ【トリコチロマニア】

冷えとりを始めてから実感したカラダにうれしい効果!

体温が上がると免疫力が上がる!冷えとりで基礎代謝もアップ⁉

現代人は食べ過ぎ⁉冷えとりでは3食きちんと食べなくていい