冷えとりでぬくもり暮らし

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冷えとりでぬくもり暮らし

冷えとりでカラダの中から健康をめざす

ワセリンをメイクに活用してみたらいろいろ便利だった!【ヴァセリン】

スポンサーリンク

 

こんにちまる!なぺこです。

 

本来ならこの記事は昨日投稿していたはずなんですが、あとはタイトル入れておわり!って時にエラーでパソコンが落ちてデータが消えたっていうね...

 

oh(;ω;)...

いろいろ試したけど復元なんてできなかったよ…

 

昨日は心折れてダメだったけど、なんとか書き直しました。

もう、本当に勘弁してほしいです。

 

 

 

さて、先日書いた記事。

プチ肌断食をやめたら、使っていたヴァセリンの使用頻度が更に下がってしまいました(笑)

www.hot-napeco.com

 

こちらですね。

入ってる成分はワセリン、名前はヴァセリン…紛らわしいです(笑)

 

なかなか減らないこのヴァセリン40g!(笑)

これを私が使い切るために思いついた活用方法を書いていこうと思います!

 

 

ヴァセリン、使用感

 

このヴァセリン、さすが油なだけあってカサカサにはとても強いと思います。

難点は、やっぱりちょっとベト付くってこと。

物に触ったりする手指にはハンドクリームの方が使いやすいです。香りもハンドクリームの方がいい匂いがいっぱいあって好き。

 

実はワセリン自体に保湿作用があるというわけでなく、肌の表面を油の膜で覆うことで角質層から水分が蒸発するのを蒸発を防ぐことによって保湿しています

あなたの肌が持っている保湿機能・修復機能をキープするくらいのイメージ。

 

ひどい手荒れを早く治したい~!というときは、ワセリン単体より保湿や修復成分が入ったものを使った方がいいかもしれません。

 

www.hot-napeco.com

 

でも、なんといってもワセリンのいいところは安全性が高い成分であることですね! 

天然成分で刺激も少ない、副作用もほぼないと言われています。

 

このヴァセリンも、説明文に

唇・顔・手・足などお肌全体に

とあります。

皮膚の薄いデリケートなところや口に近いところにも使えるのはいい!(^^)

普通のスキンケア用品がしみちゃう!っていう敏感肌の方も、ワセリンなら使用できるんじゃなきでしょうか?

 

試してみたらいい感じだだったこと

荒れてガサついた肌を目立たなくする

 

花粉症や風邪をひいた時など、鼻をたくさんかむと鼻下の皮膚がガサガサに荒れてしまうことありませんか?

私はよくあります!!

化粧は浮くし、リキッドタイプのファンデーションでもうまくカバーできないし、すごーくいやでした。

 

そこでふと、顔に使えることを思い出して試してみたヴァセリン。

ヴァセリンを塗ると荒れた皮膚のガサツキが目立たなくなりました!

皮膚がガサガサになってめくれている角質を、油分でくっつけてくれてるという感じ。

何も触らなければけっこう長時間持つし!すごいぞ!

 

それ以降私の中で、荒れてめくれた皮膚をくっつける接着剤(笑)となりました。

 

ポイントメイクの定着剤として使ってみた

 

私の仕事はけっこう運動量があります。

汗や空調のによる乾燥で、よれたり崩れたりしてしまうメイクが気になっていました。

 

そこでこの接着z…もといヴァセリン!

顔に使ってもいい感じだったので、ヴァセリンをメイクに活用できないかなと思い試してみました。

 

ベースメイクをした後、チークやアイメイクなどを置きたい部分に、あらかじめ手に出しておいたヴァセリンをごく少量塗ります。

あんまりつけてしまうとベタ付きすぎてしまうので、ほんとに薄~く均等に、トントンと乗せる感じ。

 

その上からチークやアイシャドウを乗せると…粉の粒子が定着しやすく発色がいい!

ヴァセリンのツヤが潤った印象を与えてくれるので、特に目元なんかは色っぽさも演出してくれました。

 

f:id:napeco:20170305104952j:plain

 

仕事終わりまでメイク崩れもしなかった!!

すごいぞ!

 

メイクがいつもより濃く付きすぎたと感じたら、指でトントンと軽くぼかせばOK。

ヴァセリン自体多く付けすぎてベタ付きが気になったら、上からティシュペーパーを乗せて油分を吸い取ってあげればメイクを崩さずに落ち着かせることができます。

皮脂を吸い取るのと同じ要領ですね。

 

油なので髪や眉毛やまつ毛についても問題なし!

アイブローが取れやすくて困っていた私は、最近はもう眉の上からヴァセリン(笑)やっぱり崩れにくくて助かっています。

 

メイク下地にワセリン使うこともてできるようですが、私はニキビなどができやすいオイリー肌タイプかと思うので、肌全体に塗ることは避けました。

肌質に合わせて使う量や範囲を調節してみるといいですね。

仕上げで乾燥やカサ付きが気にになる部分にちょっとつけると、小じわも目立たなくなるし、ツヤとハイライト効果も!

   

クレンジングでメイクが落としやすくなった!

 

さらに嬉しい発見がありました。

ヴァセリンを付けてからメイクすると、メイクを落とすのもラクなったんです。

 

崩れにくいっていうのと矛盾するようですが、そんな事ありませんよー(´ω`)

ワセリンは皮膚の上に油の膜を張ってくれます。

その上にメイクの粒子を乗せてるので、ワセリンが溶ければ上のメイクも一緒に落ちてくれるんです!

 

ワセリン自体をクレンジング代わりにもできるようですが、そこは普通のクレンジングの方がラクだなーということで(笑)

ワセリンと馴染みやすそうなオイルクレンジング使っています。

 

スポンサーリンク
 

 

濃くなりがちなポイントメイク。

今まではちゃんと落としたつもりでも、溶けかけメイクが目の下ばパンダみたく残ってしまうことがよくありました。

それが、ヴァセリンをしてからはちゃんと1発で落ちてる!!

クレンジング剤の量を少なめにしても大丈夫でした。

肌に負担をかけるクレンジングがスルッと落ちてくれとすっご助かります!

 

f:id:napeco:20170307150648j:plain

もっとデリケートな人には白色ワセリン

 

私が使っているヴァセリンは黄色ワセリンという分類だそうです。

名前の通りちょっと黄色っぽくて安価で買えるワセリン。

 

黄色ワセリンをさらに精製して不純物を取り除いたものが白色ワセリンです。

黄色ワセリンより値段は高価になりますが、ほんとにほんとにデリケートな人にも使えるはず。目元口元に使うのに抵抗があった方も、こちらなら大丈夫じゃないかな?

 

 

白色ワセリンでも、開封するとだんだん酸化して黄色っぽくなってしまいます。

変色やにおいがキツくなる前に使い切るのがいいでしょう。

 

また白色ワセリンは、できれば直接手で取ることはしないでください(><)

汚れや皮脂が入ってしまう劣化早めてしまうそうです。

コンビニとかで貰えるプラスチックのスプーンなんかお家に余っていませんか?小さいしそれで取り出すのがオススメ(笑)

 

まあ私はガンガン手でいってますけどねー!( ̄▽ ̄;)

使ってるの黄色ワセリンだしいっかなーって。

 

面倒くさがりだけど気にしいの人にはチューブタイプがオススメです。

ちょっと気を付ければ手に触れずに取り出せますし、空気と触れる面が少ないので劣化もしにくいです。

 

ヴァセリン、使い切れそうです(笑)

 

余っていたヴァセリンを使い切りたくて探し始めた活用法でしたが、案外いろいろ活用できて…けっこう便利で…なくなったら困るかも!と思い始めました(笑)

 

髪を伸ばしているので毛先の痛みが気になりだした最近は、パサつく毛先にちょーっとヴァセリン塗り込んだりもしています。

なんか…食用以外のオイル系製品ならだいたい代用できるんじゃね?って感じです(笑)

前にも書いたように、ワセリン自体には、組織を修復したりいい成分を浸透させたりするものではありません。が、私はそういう余計な効果がないところも気に入りました(^^)

 

今後も新しい活用法を思いついたら試してみようと思います!!

 

 

★関連記事

ニキビを耐えるのがつらかったので肌断食はやめることにした!

女性ならではの不調に効果がある漢方薬3選

冬のガサガサ手荒れがひどい!皮膚の役割と乾燥ケア