冷えとりでぬくもり暮らし

冷えとりでぬくもり暮らし

イモリとくつ下を愛する いろいろ手を出しながら ゆる~い冷えとり運営中

ゼクシィ相談カウンターに行ってみた感想

スポンサーリンク

 

こんにちまる。なぺこです。

 

引っ越しに向けてまずはいらない服を捨て、本を買い取りに来てもらおうと申し込んでみました。

しかし見た目全然モノが減りません…(^^;)

家具もけっこう処分しないと新しい家にはおさまらないなぁ

 

f:id:napeco:20170802134356p:plain

 

さて、

まだまだ結婚までの準備に取り掛かったばかりの私ではありますが、

今回は少し振り返って、ゼクシィ相談カウンターのことを詳しめに書いてみようと思います。

ゼクシィのまわし者ではもちろんありません(笑)が、おかげさまでスピード感をもって式場や指輪を決めることができたのでとても感謝しています。

 

www.hot-napeco.com

 

純粋な感想と、相談に行く前にぼんやりとでも考えておいたらよさそうな事を思い出しながら書いていこうと思います。

 

 

なぜゼクシィ相談カウンターに行ったのか

 

ゼクシィって名前を聞くだけで嫌悪反応が出る人は出るというか(笑)私もそうだったんですよね( ̄▽ ̄;)

結婚関連で検索してみると、ゼクシィ以外にもハナユメとかが検索で上位に出てきました。なのでHPは見たりして。

なんなら豪華さ際立つゼクシィよりプチプラ感のあるハナユメの方が私たちには合っている?とも思ったのです。

 

でもゼクシィ以外の相談カウンターの数は少ない!!

関東圏でもけっこう電車を乗り継いで時間かけないと行けないとか、何もはじまる前に面倒で腰が重いです。

メールや電話で問い合わせなら問題ないのかもしれませんが...

右も左もわからない私はわかりやすく直接情報を提示してもらいながら説明してもらった方が安心でした。

その場でやり取りできた方がスムーズですし、早く決めたいことに関して何度も時間をかけて情報をやり取りするのはそわそわして落ち着かないタイプです。

 

ゼクシィはさすがに業界トップというか、ほぼ独占といっても過言ではないですね。

相談カウンターも全国に多くあるわけですよ

ということで利便性を取って近場で行きやすいゼクシィの相談カウンターを予約したというわけです。

こうなっちゃったらもうその流れで会場決定までゼクシィでお世話になるんだろうなと覚悟してまいりました(笑)

 

あとハナユメは会員登録したとたんにたくさん電話がかかってきて、ちょっとマイナスイメージになっちゃったんだよなぁ…

 

ゼクシィ相談カウンターをネットで予約すると…

 

 ネットで予約しても向こうから一度電話がかかってきます。

その時点で、

・いつ頃の式を希望しているか

・場所はどこを考えているか

・だいたい何人くらい招待するか

・予算はどれくらいか

・婚約指輪・結婚指輪の予定はあるか

などを簡単に聞かれました、確か。

でもこれは本当にだいたいで、後から変わったって何も問題ないので焦らなくて大丈夫です(^^)

でも実際相談に行ったときに同じようなこと聞かれるんだろなーということで、電話後から相談カウンターに行く前に婚約者と相談するといいです。

そういった情報が無いとあちら側もフェアの案内がしにくいですので、好みの式場を紹介していただくためにも考えておきましょう。

 

予約時間の10分前に来るようにと言われ、それらの情報を用紙に記入する時間が取られます。問診票みたい(´ー`)

イメージがアバウトすぎた私たちは10分では間に合わなくて時間をおして困らせました(笑)

 

段取りを知ってやることがわかってきた

 

電話をかけてくれた方が当日も担当のブライダルアドバイザーとして相談に乗ってくださいました。

まず私たちはなんにもわからなかったので、世のカップルがどんな流れで結婚式を挙げているのか聞きました(笑)

 

f:id:napeco:20170802133629j:plain

 

式を挙げたい時期から逆算して、だいたいの段取りを説明してもらいました。

だいたい何月までにこれを決めて~、とか

この時期は比較的落ち着くからその間にこれしたりあれしたりするといいかもですね~、とか

ここからは忙しくなるので事前にこれを考えたり準備しておくといいですよ~、とか

そんなアドバイスをもらいながら、聞いているうちに自分の頭の中でイメージができてきました。

まず今の時点で考えるべき優先順位がわかってすっきりしました。

疑問に思ったことはその場で聞けるっていうのはいいね。

 

スポンサーリンク
 

結婚式と妊活について

 

妊娠準備にも早く取り掛かりたかった私。

www.hot-napeco.com

 以前こんな疑問を抱えていた私は、その旨もアドバイザーさんに質問しました。

 

もちろんマタニティウエディングもありますが、妊娠中でこわいのはやはり体調面。

準備もそれなりに大変だしストレスもかかる仕事です。

それらを乗り越えても式直前に急に体調を崩すリスクも高まります。

直前や当日のキャンセルとなると支払いは全額の可能性が大。

式も挙げれてないのに全額……(@_@;)

怖すぎる!!!

 

恐怖した私たちは式を予定より早めて挙げ、その後妊活に専念することに決めました(笑)

 

すでに妊娠している方なら安定期に合わせて式場予約をすることもできそうですが、まだ妊娠していない時点で予測するのは至難の業ですしね。

やはりちょっと無謀だったか…

でもこれもプロの方にしっかり聞けて納得できたのでよかったです(^^)

 

ブライダルフェア予約と指輪見学予約

 

問診で伝えたイメージに沿った式場をアドバイザーさんがいくつか紹介してくれて、その中で気に入った会場のブライダルフェアをその場で予約しました。

なので、事前に先の予定やシフトなどを把握しておきましょう

 

 

式場や指輪に関しては、もしかしたら自力で探したらもっと安いものが見つかるのかもしれないと思いました。

ネットなどで探せば低い予算のものがもっと出てきたりするからです。

それらからイメージしていたよりは、式の見積もりも指輪の金額も少しづつですが上回ってきているのが現状…

 

ただ、紹介したものに不備があってはゼクシィ側も困りますし、信頼のおけるところしか紹介しないですよね。

指輪のショップなら成約後のアフタースクールまで徹底しているような専門のお店でした。

何も知らない状態でイメージしていたよりお金はかかってしまいそうですが、今はそれでも満足していますし安心感があります。

 

なので人によっては相談カウンターに行ったからといってすべてを利用しなくてもいいと思います(^^)

好みの会場が見つからなかったらいったん帰ってもっと考えてみます、でもいいし…

自分で連絡や予約をするのが苦ではない方、とにかく費用を抑えなきゃという方、時間をかけられるからもっとじっくり比較したいという方、

相談カウンターに行ってからでもいろんな方法が選べると思いますよ。

 

彼氏がやる気になります(笑)

 

けっこう驚いたのは、相談カウンターにて具体的な話がわかってきた後のモフくんの態度が結構変わったことです。

真剣味を帯びてきたというか積極的になったというか、結婚するんだー!結婚式挙げるんだー!と実感が湧いてきたようでした(笑)

 

自分自身もそうなんですけど、何をしたらいいかわからない状態って考えること自体が面倒臭くなりますよね。

それでも女の私はやっぱり結婚式に夢や憧れは捨てきれず、分からないなりにも頑張ろう!という気持ちが始めからありますけど(友達の結婚式も見ていますしイメージも湧いてますし)

男性は主役は女性だし…と、どこか乗り切れない部分って大きいと思うんですよ。悪く言えば他人事みたいなね。

 

でも考えることを明確にしたり、イメージを具体的に膨らませてふたりともが楽しめたり好きな要素を探していくと、ちゃんと男性も乗ってきてくれるんだなって思いました。

あなたもいっしょに作っていくんだよ~という気持ちに男性を持っていくことが、女性もラクになるしより楽しく準備できるコツになるのかもしれませんね。

 

 

以上、なぺこのゼクシィ相談カウンター感想でした!

何をしたらいいか一歩踏み出せないあなたは、プロの力を借りてみるのもいいかも!?

 

zexy.net

 

スポンサーリンク